忍者ブログ
* admin *
[20]  [19]  [18]  [17]  [16]  [15]  [14]  [13]  [12]  [11]  [10
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どのくらい時間が経ったのだろう。
気が付くと外には月が浮かんで暗くなった部屋を照らしていた。

ふと目が覚めると、すぐ傍に人の気配が感じられる。


「マリア・・・?」
「お加減は如何ですか、副支配人」

先程、感情に任せて部屋から追い出してしまったマリアだった。
驚きと申し訳なさががかえでの中で混ざり合う。

「あの、さっきは・・」
「申し訳ありませんでした。思慮が足りずに不快な思いをさせてしまって」

ごめんなさい、と言おうとした矢先。
マリアが自分の言葉を遮るようにして謝ってきた。
彼女に非は無いのにと思いながらかえでも言葉を返す。

「貴女は悪くないわ。ごめんなさい、心配してくれたのに」

「貴女をあやめさんと同じとは思っていません。似ていると思うのは確かですが」
「ただ、心配なんです。あの人も私たちに弱い所を見せなかった」

そういえばそうだった、とかえでもふと思い出す。
姉も自分も藤枝の者として、強くあるよう求められてきた。
だが、マリアは何故それだけでこんなにも心配してくれるのか。

「マリア、貴女は何故そこまで私や姉さんの事を気にかけてくれるの?」

自分でも意地の悪い質問かと思ったが、マリアは真剣な目でそれに答えた。

「私は、あやめさんの事が好きでした。尊敬でもあり、恋愛感情だったのでしょう」
「こんな事を言うのはどうかと思うのですが、私は今でも彼女の事が好きで、でも・・」

「・・でも?」

「貴女の事も・・好き、なんだと思います」

「え、マリア、それは・・」
「貴女があやめさんに似てるからじゃなく、ですよ」

「貴女は、私の事をどう思いますか?かえでさん」


驚いて、事を理解するのに数秒を要した。
皆とは違い、徹底して副支配人と呼んできた彼女。
そんな彼女が今、自分を名前で呼んで、しかも告白してきたなんて。

自分は、どうだろう。

「・・今は、少し答えを待ってもらえるかしら」
「構いません。貴女の答えがどちらでも、私の気持ちは変わりませんし。」

「そろそろ失礼します。ゆっくり休んでくださいね」
「ええ。ありがとう、マリア」

何処か自信ありげな顔で退室する彼女を見送りながら思う。
ああ、何故彼女はこんなにも余裕なのか。
きっと自分は今顔を真っ赤にしてるんだろうに。

・・・ゆっくりなんて、休めるはずないじゃない。



あとがきのようなもの

お久しぶりです。
後半は頑張って早くアップすると言いながら一ヶ月。
しかもまだかえでさん答え出してないし←

マリアは自信あるんです、きっと。
かえでさんはこの後色々考えてちゃんと答え出します。
考えちゃって休めない副支配人、風邪が長引くんじゃなかろうか。

ちょっと迷っています。
このまま続きで完結させるか、別の話として書くか。
流れは出来てるんで後は文章にするだけなんですけども。
もし宜しければサイトを見て頂いてる方々の意見も伺ってみたいな、と。

御意見ありましたらメールフォームから一言お願いします^^
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧可     
BACK HOME NEXT
案内板
銀刀満月へようこそ。

此処は夜が運営する『サクラ大戦』の二次創作サイトです。

初めて訪問された方は『銀刀満月について』をご覧下さい。

キャラ崩壊や百合的表現が含まれる場合があります。
閲覧の際はご注意下さいますようお願いを申し上げます。

このサイト内の創作物につきまして無断転載及び転用はお控え下さい。

あくまでも個人運営です。
版権元の著作者様や販売会社様等とは一切関係ありません。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カウンター
プロフィール
HN:
     夜
性別:
非公開
メールフォーム
最新CM
バーコード
ブログ内検索
忍者ブログ // [PR]

template ゆきぱんだ  //  Copyright: 銀刀満月 All Rights Reserved